土地売買をする前に土壌汚染調査で有害な物質があるかをチェック!

土地のことを把握

工事現場

家を建てる前に、ちゃんと安心して生活がおくれるかどうかをチェックしましょう。地質調査をしておけば、土の中に含まれている成分は安全なのかを把握できます。家族が健康に過ごすには欠かせない調査です。

詳しくはコチラ

円滑に売買ができる

工事

所有している住居や土地を売却する予定はありますか。もし、売却する予定があるなら、土壌汚染調査をしておいたほうがいいですよ。たかだか所有している土地や邸宅を売却するので、土の質感を調べる必要があるのかと思ってしまうでしょう。表面的には問題なさそうな土地物件でも、土を良く調査しておかなければ、後々厄介なことになる可能性があります。土壌汚染調査をする意味合いとしては、土地物件に有害な物質が含まれているかどうかを確認することです。調査によって、人体へ甚大な健康被害をもたらす物質が含まれていることが判明するかもしれません。仮に、甚大な健康被害をもたらす物質が検出されたら、購入した人はその影響をモロに受けてしまいます。何らかの疾患を発症してしまったことで、土壌改善の義務を怠ったとして慰謝料や治療費の請求をされるかも知れません。あるいは、土壌改善の費用を請求されるかもしれません。そんなトラブルに直面しないためにも、売却する前に、土壌汚染調査をした方がいいのです。

土壌汚染調査をしておけば、円滑な土地物件売買契約が成立しやすくなります。有害な物質が検出されなかった証拠を提示できるので、土地購入希望者も安心できます。それに、土地の売買計画の見直しもしやすくなります。土壌汚染調査で、有害な物質が検出された場合に、土壌改善のための整備をしやすくなります。売主主導で土地の改善が図れるので、トラブルが起きにくくなりますよ。それに余裕を持って浄化活動が出来る利点もあります。どれくらいの期間を持って、浄化が出来るのかを予め把握できるので、いつ頃なら土地売買がしやすいかを把握しやすいですよ。

健全な所有土地売買をしたいなら、土壌汚染調査は必要不可欠なものといえるでしょう。もし、専門業者に調査を依頼するなら、なるべく無料で相談を受け付けるところを利用するのがおすすめです。土壌汚染のことに詳しい事務所の中には、無料で相談を受け付けるところがあり、親身になって対応してくれるので気軽に利用しやすいです。それに、予算節約にもつながるので費用の負担が少ないのが嬉しいですね。安全に土地売買をしたいなら、土壌汚染調査のプロの力に頼るのが最適なのは間違いありません。

丈夫な地盤かチェック

工事

せっかく建てた家が、地盤沈下で倒壊させないためには、地盤調査でどれくらいの強度を有しているのかを把握しておく必要があります。調査自体は、比較的簡単で小規模な作業なので時間がかかりません。

詳しくはコチラ

安い費用で利用可能

工事現場

地盤調査を安く済ませたいなら、スウェーデン式のサウンディング試験方式をやっている業者に依頼するのがおすすめです。小規模なボーリング調査なので、時間と費用がさほどかかりません。

詳しくはコチラ